Reebok(リーボック)GB50-19とGB50-18の違いや商品詳細・スペック

中級者以上

本記事ではReebok(リーボック)の家庭用フィットネスバイク「GB50-18」および「GB50-19」の商品詳細をご紹介します。

リーボックのフィットネスバイクについては「中級者から上級者向けおすすめフィットネスバイク」という記事でも取り上げていますが、本記事ではより詳しい情報をお届けしますので購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

リーボック「GB50-19」モデルと「GB50-18」モデルの違い

リーボックのフィットネスバイクGB50シリーズには「GB50-19」モデルと「GB50-18」モデルの2種類があるため、まずは両モデルの違いから説明します。

結論から言うと、両モデルの違いはシート位置の高さだけです。

GB50-19」はGB50シリーズの新モデルで、身長が低めの方でも使用しやすいように以前よりも約6㎝シート位置の高さが低く改良されています。(使用者の最低身長目安は153cm以上

一方、「GB50-18」は旧モデルとなりシート位置の高さがかなり高めに設定されています。

両モデルのマシンスペックに違いはないため、身長が高い方は旧モデルの「GB50-18」を購入した方がお値段は安くつきますが、新モデルの「GB50-19」を使用する際の身長目安は153cm〜180cm(当サイトの基準)なのでほとんどの日本人は新モデル「GB50-19」を購入したほうが良いでしょう。

ということで、以下では「GB50-19」モデルの詳細を見ていきます。

「GB50-19」モデルのスペック・商品詳細

スペック・商品詳細は以下のとおりです。

  • 寸法:100 × 52 × 130 cm(長さ・幅・高さ)
  • 重量:32kg
  • シート調整高 : 65〜95cm(ペダルからの高さ)、床からのサドルは75〜105㎝
  • 最大使用体重 : 120kg
  • プログラム:21種類搭載
  • 負荷レベル:32段階
  • フライホイールウェイト:9 kg
  • ブレーキシステム:電動コンピュータコントロール
  • 心拍センサー:ハンドグリップ方式
  • ハンドルの傾斜調整が可能
  • ドリンクホルダー付き

「GB50-19」は電子制御式が搭載されており負荷レベルが32段階もあって自分に合った負荷に調整しやすくなっています。

また、フライホイールのウエイトは9kgでスムーズに漕ぐことができるほか、21種類のプログラムから時間や距離、消費カロリーなどの目標設定を変えることで自分のレベルに応じたトレーニングをすることが可能となっています。

スペックを見れば分かるように、家庭用のフィットネスバイクとしてはかなり優秀な製品です。

あえてデメリットを挙げるとすれば折りたたみ式ではないことでしょうか。フィットネスバイクを常に設置しておくスペースが部屋に取れない方には不向きかもしれません。

なお、製品はバラされた状態で届くため組み立てが必要です。組み立て時間の目安は大人2名で約30分程度となっています。

リーボック「GB50-19/GB50-18」まとめ

機能はもちろんですが、リーボックのフィットネスバイクはデザインがめちゃくちゃカッコイイ良いですよね。さすがスポーツメーカーといった感じです。

ちなみに、正面のディスプレイ部分にはスマホやタブレットが置けるようになっているため、動画を見ながらエクササイズがしたい人にも最適です。

当サイトでは様々なフィットネスバイクを比較していますが、10万円以内の本格的な家庭用フィットネスバイクとしては現時点でリーボックが一番おすすめです。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。