フィットネスバイクの運動はアップテンポな曲とゆったり系の曲を使い分けて怪我の予防や疲労の軽減をするべし!

知っておくと便利な豆知識など

作業時にあると捗るものと言えば、やはり作業用BGMではないでしょうか。

音楽は人の集中力を高めてくれたり、元気付けてくれたり、心を癒してくれる効果があります。

私も仕事や勉強に集中したいときや眠る前などによくBGMを流しています。

そして、もちろんフィットネスバイクで運動をする時にも音楽はとても効果的です。

本記事では、フィットネスバイクで運動をするときに聴く音楽を工夫することにより、できるだけ体に負担をかけずにエクササイズをするコツをご紹介します。



運動に大切なのは「ウォーミングアップ」と「クールダウン」

やり方は簡単。

まずエクササイズ開始時はゆったりとした曲を流してスローな運動を心がけます。(ウォーミングアップ)

ウォーミングアップが終わったらアップテンポな曲をかけて運動量を上げていきます。

運動をやめるときは再度ゆったりとした曲を流してスローな運動をします。(クールダウン)

具体的には、例えば20分間のエクササイズをするなら、最初の5分間はゆったりとした曲を聴きながら遅いペースで「ウォーミングアップ」をして、次の10分間でアップテンポな曲を流しペースを上げます。

そして最後の5分間は再びゆったりとした曲に戻し、漕ぐスピードもペースダウンして体を「クールダウン」させるのです。

これはフィットネスバイクによるエクササイズだけに限らず全ての運動に言えることですが、運動の前後にウォーミングアップとクールダウンを入れることにより怪我の予防や疲労の軽減に繋げることができます。

できれば運動前後にストレッチも取り入れることができれば言うことなしです。

私もフィットネスバイクでダイエットを始めた当初は何も知らず最初から最後までハイペースで運動をやってしまっていましたが、最近はウォーミングアップとクールダウンの時間を必ず作るように心がけています。

スマホの音楽ストリーミングアプリを使っている人はプレイリストを「ウォーミングアップ時」「エクササイズ時」「クールダウン時」といった感じで別々に作成しておくと便利ですよ!

ぜひお試しください。